ベノジール錠



ベノジールカプセル(10mg/15mg)

 

 

特長

「ベノジールカプセル(10mg/15mg)」

 

長時間型に分類される睡眠薬になり中途、早朝覚醒に悩まれる方などに処方されます。

 

2014年に発売が中止、薬価削除されており、現在は処方される事はなくなった医薬品となります。

 

睡眠の質への影響

 

ベノジールカプセルの睡眠の質への影響
レム、ノンレム睡眠から見てみると下記のようになります。

 

睡眠レベル 与える影響
レム睡眠 影響は少ない
ノンレム睡眠(ステージ1) 不明
ノンレム睡眠(ステージ2) 不明
ノンレム睡眠(ステージ3/徐波睡眠) 不明
ノンレム睡眠(ステージ4/徐波睡眠) 不明

 

ベノジールはREM睡眠への影響が少なく
生理的睡眠に近い眠りをもたらす睡眠薬であるといわれますが
各睡眠に対する詳細に関してはデータがなく不明です。

 

【参考】
一般的なベンゾジアゼピン系睡眠薬
深い睡眠を減少させ浅い睡眠を増加させる作用をもち
眠る事は出来るが睡眠の質は悪化する事が多い。

 

 *関連記事:ノンレム睡眠とレム睡眠って?

 

作用時間(効果持続時間)

 

ベノジール錠カプセル/th> 詳細
タイプ 長時間型
半減期 23.6時間(代謝物)
作用発現時間 30分
効果持続時間 不明(10時間以上

 

血中濃度が最大になる時間(Tmax)が8時間程度になるので
効果持続時間はそれ以上と考えれれます。

 

副作用

 

最も起こる可能性が高い副作用としては
2.1%に翌朝の眠気、ふらふら感などが見られます。

 

これは長時間型ゆえに効果が持続し
朝の時点でも睡眠薬の効果が残ってしまう事が
原因になっています。

 

がこれはなかなか難しいですよね。
早朝覚醒を防ぐ為には効果が持続するタイプ
選ばなければいけないですが、それに伴い
翌朝まで眠気などが起こってしまう事があるのです。

 

また鎮静、抗けいれん、馴化作用はニトレゼパム(ベンザリン)より弱く
筋弛緩作用、協調運動障害はベンザリンより著しく弱いのが
睡眠薬ベノジールカプセルの特徴です。

 

長時間型になるので離脱症状発現の可能性は
少なくなっており安全に使用できる薬剤ともいえます。

 

しかしながら長く効果が持続するので
眠気などの副作用が日中も持続してしまう可能性があります。

 

依存性、耐性のまとめは下記のようになります。

 

一般的に短時間型と比較すると
ベノジールカプセルなどの中〜長時間タイプの睡眠薬は
依存性や離脱症状などは少ないと言われています。

 

ベノジールカプセル 詳細
依存性 薬物依存可能性あり
耐性 生じる可能性あり

 

いずれの場合も大量投与、連用中の急な服用中止で
起こる可能性が高いので注意が必要です。

 

またアルコールとの併用により
ベノジールの作用増強、効果が持続する事がある
また服用した翌日の飲酒での発現する場合がある
(効果持続時間が長い為)
お酒はできれば控える事が望ましいと思われます。

 

 

注意点

服用中は飲酒は控えた方がベター
Dr指示の服用量を厳守する!
途中で起きる予定がある場合は服用しない!

 

ベノジール錠情報

スポンサードリンク



ベノジールカプセルのすべて関連ページ

ダルメートカプセルのすべて
ダルメートカプセルは効果が長く続くタイプ長時間型の睡眠薬になります。この効果が長く持続する睡眠薬ダルメートカプセル15mgの特徴を薬剤師の視点から大公開!眠れない悩みがある方必見です。
ドラール錠のすべて
ドラール錠、効果が非常に長く持続し飲み方に注意が必要な長時間型睡眠薬になります。クアゼパムを成分とするドラール錠(15mg/20mg)について現役薬剤師が効果、副作用、相互作用についてわかりやすく解説します。
ソメリン錠のすべて
ソメリン錠、ベンゾジアゼピン系に分類される長時間型睡眠薬です。現役薬剤師が自らの経験を通して睡眠薬の効果、副作用、半減期、価格等について詳細に解説しています

 
TOP 目次 睡眠薬ブログ 管理人の不眠症克服記 質問掲示板